〜ブログ・SNS〜 ヒラメ100枚への挑戦!! / iPhone周辺機器&家電等紹介ブログ♪ / 熱血!スキー上達への日々♪ / Twitter

たっきーの工夫生活と日常♪

日々のあった出来事や 趣味である音楽のことや 便利だったグッズなどに関して ゆる〜く更新していこうと思います(^^♪ ぜひ気になる方は見てみてくださいね♪

これからの時期にこたつ布団が欲しい!

そろそろ寒くなってきましたよね!

皆さんは寒さ対策をどのようにとっていますか?

本格的に寒くなる真冬もそうですが、
中途半端な時期の寒さは特に寒く感じますよね!
特に暖房をつけるかつけないか微妙な時期が一番寒く感じます。

そこで、オススメなのがやはりこたつです。



こたつの良さ



こたつはぬくぬくとした暖かさがあって、非常に暖かいですよね。
暖かいだけでなく、保温性という点に関しても優れているので、
一度暖かくするとしばらくの間暖かいというのが良いですよね。
ということもあって工夫して使用すればコスト面でも優れてます。

それから温めなくても、
人がそこに入るだけでも体温である程度暖かくなるので、
こたつの暖房器具に電源を入れなくてもある程度は暖かいです。
とにかくこたつの良さは手軽に暖かくすることができて
保温性もあり、コスト面でも優れている点にあります。


省エネ

上記にも書きましたが、こたつは非常に省エネなのです。

20

画像を見ても分かる通り、
圧倒的に低コストなのが分かるかと思います。
確かに、こたつ一つで一冬越すのは厳しいのですが、
本格的に暖房をつける前の寒い時期を乗り越えるのには
非常に最適だと思っています。


この季節は特に暖房費が重なって、出費が多くなりがちですが、
その時に最適な暖房器具を使うことによって
より費用を抑えることができます。

また、こたつの暖房器具を使用するということではなく、
こたつの中にお湯を入れた湯たんぽなどを
入れて温めるというのも非常にオススメです。

保温性は抜群で暖かくなりますし、何より安全です!

こういった工夫をすることによっても、費用を抑えることが可能です。


追加してさらに暖かい!




ただフローリング等にこたつを置く
ということでもある程度暖かいのですが、
追加して敷くとさらに暖かく快適にすごくことができます。
やはり、床がフローリングでは温まるまで冷たいですよね。

また暖かくするということで、
雑菌が湧きやすくなるということもあるので、
しっかりと洗えるものが良いです。
こまめに洗ったり干したりすることで、
ダニや雑菌、カビなどの発生を抑えることができます。




まとめ

最後におさらいしますが、こたつのメリットは

  • 非常にコストが低い。
  • 保温性が高い。
  • 手軽である。
  • 安全である。


ということが言えます。



一方でデメリットは

  • 本格的な冬はこたつだけでは厳しい。
  • 購入する時の費用がかかる。


という感じです。



これからどんどん寒くなっていきますが、
こたつなどを使って冬を頑張って越しましょう♪




 







ウルフパックの魅力について♪

ここでは最近話題になっている、
ウルフパックの魅力に関して書いていこうと思います。

ウルフパック知ってる方はどのくらいいるのでしょうか?



ウルフパックの特徴について

バックの部分が前に移動が可能な、独自の脱着機能がついている今までにない革新的なデザインのバックです。
通常は背中に固定しているので通常のバックと変わらず、脱着機能を使うとバックの部分を前に移動することができるので、快適で安全に出し入れ可能です。
なので荷物を出し入れする際に、いちいちバックを肩から外して作業する必要がないのが良いところです。
また電車等では脱着機能を使って、バックの部分を前に移動することによって、大切な荷物も全面で保護しつつ持ち運ぶこともできます。
このバックは買い物、通勤、自転車やスキーなどはもちろんで、写真を撮るときのカメラの出し入れや旅行の切符などの荷物の出し入れが簡単に快適にできます。

荷物の出し入れにいちいち肩からバックを外すのが、苦にならないような方には特に役立つ機能ではないということでデメリットになると思います。



各モデルについて

ウルフパックは「メトロ」、「エスケープ」、「サミット」、「キャプチャー」の4モデルがあります。
では実際にそれぞれどのような特徴があるか見ていきましょう。


メトロ



ウルフパック メトロは、
通勤や旅行、飛行機での旅などに最適なモデルです。

39
EVAとEPEからフォームが作られているので、バックの中身が背中と干渉することがなく、背中と肩に負担を与えず快適です。
また空気の通り道を設けることによって、背中を快適に保ちます。



20
15インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。

08
ペンやキーなどの小物がどこにあるのかすぐにわかるポーチ付きです。 


エスケープ




ウルフパック エスケープは、
通勤やハイキング、サイクリングなどの
アクティブな使用に最適です。


39
EVAとEPEからフォームが作られているので、バックの中身が背中と干渉することがなく、背中と肩に負担を与えず快適です
また空気の通り道を設けることによって、背中を快適に保ちます。



20
13インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。


08
ペンやキーなどの小物がどこにあるのかすぐにわかるポーチ付きです。 


サミット



宿泊先や駐車場からゲレンデまでの距離があって、歩かなければならない時やオフピストの際などでスキー板を持ち運ばないといけない時に便利です。 

ウルフパック サミットは、
スキーをする方に特に最適なモデルです。


32
最大で2Lを入れる事が出来るリザーバーを収納できるスリーブを搭載。


キャプチャー



ウルフパック キャプチャーは、
カメラマンにとっては非常に画期的なバックです。


06
厚いパッド付がついたマイクロファイバー生地使用で、15.6インチまでのノート型パソコンを安全に収納できます。岩礁地帯などの中身が傷つきやすい場所でもリスクを減らします。


15
両肩のストラップにバックを引っ掛けることによって、両手が自由に使えるので、カメラを撮る人にとっては非常に便利な機能です。


まとめ  

このバックの特徴は、どのバックのモデルもそうですが、バックを背負ったままバック部分を前面に持ってこれるというのが最大の特徴です。
これによって得られるメリットは、セキリュティの問題、交通機関を使用した時に背もたれに干渉しない、 安全に荷物の出し入れができるなど、たくさんあります。
デメリットとしては上記にも書いたように、バックを肩から外しての作業を特に苦にしない方には、そこまで必要のない機能だと思います。

ですが、この独自の機能によって得られるメリットもたくさんあるので、是非一度試してみるのも良いと思います。 
大人気フライパン『フレーバーストーン』の詳細はこちら















LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村