ここでは最近話題になっている、
ウルフパックの魅力に関して書いていこうと思います。

ウルフパック知ってる方はどのくらいいるのでしょうか?



ウルフパックの特徴について

バックの部分が前に移動が可能な、独自の脱着機能がついている今までにない革新的なデザインのバックです。
通常は背中に固定しているので通常のバックと変わらず、脱着機能を使うとバックの部分を前に移動することができるので、快適で安全に出し入れ可能です。
なので荷物を出し入れする際に、いちいちバックを肩から外して作業する必要がないのが良いところです。
また電車等では脱着機能を使って、バックの部分を前に移動することによって、大切な荷物も全面で保護しつつ持ち運ぶこともできます。
このバックは買い物、通勤、自転車やスキーなどはもちろんで、写真を撮るときのカメラの出し入れや旅行の切符などの荷物の出し入れが簡単に快適にできます。

荷物の出し入れにいちいち肩からバックを外すのが、苦にならないような方には特に役立つ機能ではないということでデメリットになると思います。



各モデルについて

ウルフパックは「メトロ」、「エスケープ」、「サミット」、「キャプチャー」の4モデルがあります。
では実際にそれぞれどのような特徴があるか見ていきましょう。


メトロ



ウルフパック メトロは、
通勤や旅行、飛行機での旅などに最適なモデルです。

39
EVAとEPEからフォームが作られているので、バックの中身が背中と干渉することがなく、背中と肩に負担を与えず快適です。
また空気の通り道を設けることによって、背中を快適に保ちます。



20
15インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。

08
ペンやキーなどの小物がどこにあるのかすぐにわかるポーチ付きです。 


エスケープ




ウルフパック エスケープは、
通勤やハイキング、サイクリングなどの
アクティブな使用に最適です。


39
EVAとEPEからフォームが作られているので、バックの中身が背中と干渉することがなく、背中と肩に負担を与えず快適です
また空気の通り道を設けることによって、背中を快適に保ちます。



20
13インチノートパソコンやタブレットを保護するパッド付きマイクロファイバー製スリーブ。


08
ペンやキーなどの小物がどこにあるのかすぐにわかるポーチ付きです。 


サミット



宿泊先や駐車場からゲレンデまでの距離があって、歩かなければならない時やオフピストの際などでスキー板を持ち運ばないといけない時に便利です。 

ウルフパック サミットは、
スキーをする方に特に最適なモデルです。


32
最大で2Lを入れる事が出来るリザーバーを収納できるスリーブを搭載。


キャプチャー



ウルフパック キャプチャーは、
カメラマンにとっては非常に画期的なバックです。


06
厚いパッド付がついたマイクロファイバー生地使用で、15.6インチまでのノート型パソコンを安全に収納できます。岩礁地帯などの中身が傷つきやすい場所でもリスクを減らします。


15
両肩のストラップにバックを引っ掛けることによって、両手が自由に使えるので、カメラを撮る人にとっては非常に便利な機能です。


まとめ  

このバックの特徴は、どのバックのモデルもそうですが、バックを背負ったままバック部分を前面に持ってこれるというのが最大の特徴です。
これによって得られるメリットは、セキリュティの問題、交通機関を使用した時に背もたれに干渉しない、 安全に荷物の出し入れができるなど、たくさんあります。
デメリットとしては上記にも書いたように、バックを肩から外しての作業を特に苦にしない方には、そこまで必要のない機能だと思います。

ですが、この独自の機能によって得られるメリットもたくさんあるので、是非一度試してみるのも良いと思います。